teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:21/6367 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

本日のゴミクズ捏造への反論( *´艸`)

 投稿者:八朔  投稿日:2018年12月 9日(日)12時27分24秒
  通報 返信・引用
  負け犬ゴミクズ部長(やれやれ)のリクエストに答えて愛犬問題が捏造した根拠を示したいと思います( *´艸`)ププププ

愛犬問題がどこを捏造したのか~Wと言っております(笑)
↓↓↓

┐(´д`)┌ヤレヤレだぜ??投稿者:やれやれ
投稿日:2018年 5月 4日(金)08時45分12秒 返信・引用さ、
1.愛犬問題がどこをねつ造したのか

2.オーストラリアの狂犬病対策が全頭殺戮という根拠


これも逃げて逃げてwww逃げまくるwww


?????┐(´д`)┌ヤレヤレだぜ

(笑)(笑)

次はテッツ犬猫病院の捏造問題です。

先日、悪いのはテッツ犬猫病院の方だと意味不明な事を言って論破した気になっていた方が居てたような……(笑)


テッツ犬猫病院HPよりの悪質引用

テッツ犬猫病院
こちらのHPの メニューより
犬猫の病気 → フィラリアの治療  のページからの悪質引用です。


引用元のページでは実際にフィラリアに感染した場合の治療の方法と手段が書かれています。
治療には外科的方法(手術でフィラ成虫を心臓から取り除く)と
内科的方法(駆虫剤の投与)があるとしています。


だが現実には治療薬を用いたくても犬の状態によっては使用できないケースや、
使用出来ても経過観察が非常に重要で場合によっては死に至るケース
手術でしか取り除けない程の重篤な場合は投薬では対処できない
また重大な副作用が出る事も多々あり,フィラリアは予防が大切と書かれています。


このページより

2000年11月の時点で100頭以上の犬にこの薬を使用しましたが死亡率は今のところ0です。

たったこれだけを前後関係や予防の大切さを無視して抜き出し
氏のブログだけを読んだ人はあたかも獣医が立証しているように見せ掛けています。

フィラリアには安全な治療薬が有る。 フィラリアに感染しても安全確実に治療できるから、予防する必要など無い  予防する飼い主は悪徳獣医の餌にされている

この主張の根拠に提示しました。


元のページをきちんと読めば間違いであることは一目瞭然です。
治療薬があると言っても犬の状態によっては使用できないことがハッキリと書かれ
幸運にも使用に耐えられる判断され投薬された犬の中で
命が助かった犬の数を先の引用部分は言っているに過ぎません.


その治療過程において犬は深刻なダメージを受けます.
投与して,即座に治るなんて事は絶対にありません.
余りの状況に飼い主はショックさえ受けます
それを感染してもいとも簡単に薬で治るような言い方は欺瞞に満ちています


感染犬の全てが薬で治る訳ではないと明言しています。
これをあたかもフィラリアに感染しても100%安全に治療できるとすり替えて主張しています。


僅かな副作用が出るからと言って予防してはいけないと主張しながら
遙かに危険で後遺障害も出る薬を「安全な治療薬」と言って勧める神経が分かりません
先の死亡率0についても、単に死ななかった数に過ぎません
内科的療法では対応できない症状のことを触れもしないのは何故なのでしょう?



当然の事ながら当事者の動物病院に通報され、該当病院に迷惑をかけ抗議・警告を受けました。
しかし全く反省も見せず、その後も治療薬が有るから予防の必要性はないと言い続けています。
更に恐ろしいことに感染していても症状がハッキリ出ない場合が有り、
密かに症状が進行してしまえば手遅れの危険性が有るのに、
症状が出ていなければ大丈夫だ 獣医に掛かる必要はない
恐ろしいことを平気で言い放っています。
気が付いた時には末期症状で動物病院に駆け込んでも手遅れて投薬も出来ない、
犬への負担が大きく手術も難しい状態に陥ります。


新たな被害が生じないように、引用元ページの最後に書かれている事をここに引用致します。

イミトサイドが安全な薬であるからフィラリアの予防はいらないと勘違いしている素人の方のホームページがあります。
あたかもテッツも賛同しているようにうちの病院の名前まで載っていますが全くもって関係ありません。
フィラリアの治療は危険を伴います。
イミトサイドは昔の砒素剤に比較すればかなり安全性は上がったというものの薬そのものの毒性が下がったということに過ぎず、
死亡したフィラリア虫体で起きる肺動脈塞栓の危険は昔と同じです。
また、イミトサイドの能書通りの使用法ではやはり危険を伴います。

フィラリアは予防が基本です。全ての犬が治るわけではありません。




とにかく結論ありきで、それを補完する事柄をネット上で日々探しております。
もはや獣医を悪徳と決めつけ、獣医が行うこと全てが暴利を貪る為だとしています。
その為には全体の文章の流れが氏の主張と異なろうがお構いなしに、
前後関係・前提条件など意図的に隠して抜き出します
こんな都合の良い部分だけを抜き出した悪意の引用だらけの主張など信用できません。

↑↑↑

どうして、愛犬問題知念君は前後の記事を載せなかったのかなぁ~( *´艸`)ププププ
 
 
》記事一覧表示

新着順:21/6367 《前のページ | 次のページ》
/6367